自分に合った靴を選ぶ時のポイント

MENU

靴を選ぶポイント

高価な靴や有名ブランドの靴が必ずしも、あなたにとっていい靴というわけではありません。
自分の足に合わない靴を履き続けていると、血行不良をおこし冷え性の原因になってしまったり足のラインをくずしたり、とさまざまなデメリットが生まれてしまいます。

 

「服は通販で買うけど、靴はちょっと不安」という方のために、通販サイトでの靴選びのポイントをいくつかご紹介します。

 

試し履きは夕方ごろに行う

人は一般的に、朝よりも午後から夕方のほうが、足のサイズがおおきくなってしまう傾向にあります。
それは足の「むくみ」が原因です。
朝ぴったりだったのに、夜は足がむくんで痛くなってしまうなんてことも・・・
夕方ぴったりの靴の方が、自分の足にあっている靴であると言えますので午後から夕方に試し履きをしましょう。

 

靴の種類によってサイズを変える

例えば、つま先のないサンダルや、先の尖ったパンプスはつま先にゆとりがあるので気持ち小さいものを購入する方がいいかと思います。
特にサンダルは大きいものだと、足のゆびがつま先から出てしまうなんてこともありますので注意して選んでみてください。

 

かかとに合わせる

靴は履いていくうちに自分の足になじんできます。
しかし、かかとは固くしっかり作られているため、あまり伸びたりしません。
そのため、かかとが小さいと靴ずれやマメができ、とっても痛い思いをしてしまいます。
靴の幅が合わない場合は中敷などを敷いて調整できますので、まずはかかとに合わせてみましょう。

 

 

また、通販サイトによっては、サイズが合わないときは送料無料で返品または交換できる場合がありますので購入の前にしっかりと確認しておきましょう。
是非自分にあった靴を見つけてみてください。