洗剤のメリット・デメリットを知って使い分けよう!

MENU

洗剤について

衣類を長持ちさせるためには、汚れを残さず、生地を傷めないように洗濯するのが理想です。

基本的な選択の方法はこちら

 

でもしっかり汚れを落とそうと洗浄力が高い洗剤を使えば、生地にもその分負担をかけるし、
肌や環境への影響も心配です。

 

だからといって負担の低い洗剤を使うとシミや汚れが残ってその衣類が着られなくなることもあります。
どの洗剤にもメリットとデメリットがあるので、汚し方のパターンや自分がよく着ている素材を把握して、ライフスタイルにあった洗剤を使い分けましょう。

 

 

洗剤

 

デリケート素材用(中性)

アルカリに弱いウールやシルク、合成繊維などを洗うのに適した洗剤です。
弱アルカリ性の洗剤よりも洗浄力は弱いものの、衣類を傷めにくく、色落ちもしにくい。
おもな洗浄成分は界面活性剤。

 

 

普段着用(弱アルカリ性)

一般的によく使われている洗濯用洗剤。
洗浄力が高く、綿や麻などの素材を傷めやすく、色柄ものは色落ちすることもあります。
粉末と液体の2タイプがあり、粉末はより洗浄力が高く、液体は水に溶けやすいのが特徴です。
おもな洗浄成分は、界面活性剤で、それを助けるために漂白剤、酵素、蛍光増白剤などさまざまな成分が
含まれている場合があります。

 

 

漂白剤

 

塩素系

繊維を白く漂白するために使うものです。
次亜塩素酸ナトリウムが主な成分です。漂泊が強い分、繊維にも負担をかけます。
色柄もの、ウール、シルク、ナイロン、ポリウレタンのほか、ラベルに「エンソサラシ禁止」と書いてあるものは使えません。
クエン酸など、酸性のものと混ざると塩素ガスが発生して危険です。
その他にも必ず換気をするなど注意が必要です。

 

 

酸素系

おだやかな漂白力で色柄ものにも使えます。
粉末と液体タイプがあり、ともに成分に界面活性剤を含みます。
粉末タイプの漂白成分は過炭酸ナトリウムで、弱アルカリ性のため、ウールやシルクなどアルカリ性に弱い素材は使えません。
液体タイプは過酸化水素を漂白成分とした弱酸性や酸性で、洗剤と一緒に使う方が効果的です。

 

 

仕上げ剤

 

柔軟剤

おもな成分である界面活性剤が繊維の表面に膜を作ることで、衣類をふっくら柔らかく仕上げ、摩擦を軽減し、
静電気をおさえます。
毛玉、毛羽立ち、ホコリなどを防ぐ効果も期待できます。

 

 

のり剤

繊維にハリを出してシワを減らしたり、毛羽立ちを防ぐ効果があります。
柔軟剤と一緒に使うことも可能です。
主な成分はポリ酢酸ビニルなどの合成樹脂です。
のり剤には液体タイプの他、アイロン前に使うスプレー式や、主成分がでんぷんのものもあり、
それぞれ使い方が異なります。