毎回洗わない服はどうやってケアすればいい?

MENU

すぐに洗わないもののケア

洗濯は汚れを落とす反面、衣類に負担をかけます
コートやジャケットなどのドライクリーニングに出す服はもちろんですが、セーターやカーディガン、ワンピース、スカートやパンツなども、汚すことがなければ着る度に洗わなくても大丈夫です。

 

とくにウールやシルクを使った衣類は、洗いすぎると風合いを損ね、生地を傷めてしまいますし、
綿や麻でも色を染めたものは、洗うたびに少しずつ色落ちして色あせを早めることもあります。
なるべく洗濯回数を減らせるように、部分的なケアを覚えましょう。

 

 

着るたびに

 

一度着た服にはほこりや花粉がかかり、外気や身体からの湿気を吸い込んでいます。
すぐにクローゼットにしまうことは避け、ブラシをかけたり、湿気を飛ばしたり、人手間かけましょう。

 

ブラシをかける<上着・ニット類・パンツ・スカート>

まずは生地の目を逆なでるようにブラシをかけてほこりを落としてから、生地の目にそってブラシをかけて整えます。

 

 

湿気を飛ばす<衣類全般>

脱いだ服をすぐにしまわずに湿気を飛ばします。
一時置き場を決めておくと、部屋が散らからずに洗った服との区別もつきやすいでしょう。

 

 

こまめにケアをすれば、コートやジャケットなどはシーズンに1回のクリーニングでOKです。
ウールのセーター類は風合いを保つために、10回着て1回洗うペースがベストです。

 

 

 

においがついたら

 

たばこの煙、食べ物のにおいなど、衣類についたにおいは、軽いものなら湿気をあたえて干すことは解消できます。
霧吹きで水をかけてから風通しのいい場所に干す手段もあります。

 

お風呂場に干す<衣類全般>

入浴後のお風呂場には湿気があり、石けんやシャンプーのいい香りがする場所なので、
衣類のにおいをとるのに最適です。
一晩お風呂で干したら、通気性のいい場所で湿気を飛ばすようにしましょう。

 

 

スチームをかける<アイロン出来る衣類全般>

急いでいる時の奥の手です。
アイロンのスチームをあて、においを飛ばします。
吊るした状態で行ってもOKです。熱に弱い衣類には、この方法は避けましょう。