繊維の性質によって扱い方が違う事を知っておきましょう

MENU

主な繊維の特徴と扱い方

衣料品に扱われている繊維には、シワになりやすい、摩擦に弱いなどそれぞれに性質があります。
特徴を知って、どんなふうに扱えばいいのか、感覚をつかみましょう。
また手持ちの服の素材を改めてチェックし、自分にとって手入れがしやすい素材や、好みの素材が何かを把握しておくと、新しい服を購入するときの目安にもなります。

 

綿


肌触りがよく、通気性、吸湿性が高い。
洗濯や熱に強くて丈夫

 

×
シワになりやすく、縮みやすい。
酸に弱く、黄ばみやすい

 

 


涼感があり、通気性、吸湿性が高い。
洗濯や熱に強くて丈夫。
発散性があり、乾きやすい。

 

×
シワになりやすく、縮みやすい。
摩擦などで毛羽だつことがある。

 

 


吸湿性、保湿性が高い。
シワになりにくく、伸縮性、弾力性がある。

 

×
摩擦に弱く、毛玉ができる。
虫が付きやすい。ぬれた状態でもむと縮んだり固くなる。
アルカリに弱い。

 

 


しなやかで肌触りがよく、光沢がある。
吸水性、通気性、保湿性、保温性が高い。

 

×
水に弱く、縮みやすく、シミになりやすい。
摩擦に弱く、酸とアルカリに弱い。虫が付きやすい。

 

 

レーヨン


肌触りがよく、光沢がある。
吸湿性がある

 

×
水に弱く、濡れるとシミになりやすい。
摩擦に弱く、縮みやすくて、シワになりやすい。

 

 

ポリエステル


軽くて丈夫。シワになりにくい。
縮みにくく、摩擦に強い。乾きやすい。

 

×
吸収性が低い。静電気が起きやすい。
汚れを吸収しやすい。

 

 

ナイロン


軽くて弾力性がある。丈夫で、摩擦に強く、シワになりにくい。

 

×
吸湿性が低い。静電気が起きやすい。
熱に弱い。

 

 

アクリル


軽くて弾力がある。シワになりにくい。縮みにくい。

 

×
熱に弱い。静電気が起きやすい。
汚れやすい。

 

 

ポリウレタン


軽くて伸縮性がある。

 

×
紫外線に弱い。3年ほどで風合いが変わりやすい。