ケア情報

MENU

ケア情報記事一覧

 

洗濯は汚れを落とす反面、衣類に負担をかけます。コートやジャケットなどのドライクリーニングに出す服はもちろんですが、セーターやカーディガン、ワンピース、スカートやパンツなども、汚すことがなければ着る度に洗わなくても大丈夫です。とくにウールやシルクを使った衣類は、洗いすぎると風合いを損ね、生地を傷めてしまいますし、綿や麻でも色を染めたものは、洗うたびに少しずつ色落ちして色あせを早めることもあります。な...

 
 

洗濯のポイント基本はこすらずに洗うほとんどの繊維が摩擦に弱いため、こすると衣類を傷めてしまいます。汚れはこすらずに、たたいて落とすのが基本です。洗濯物の容量を守る洗濯機に入れる洗濯物は、容量の6~7割ぐらいにするのがベストです。多すぎると水に浸らなかったり、しっかり撹拌できなかったりで汚れが落ちません。洗剤は適量に洗剤を入れすぎるとすすぎ残りが発生し、肌や衣類に負担をかけます。少なすぎると一度落ち...

 
 

衣類を長持ちさせるためには、汚れを残さず、生地を傷めないように洗濯するのが理想です。基本的な選択の方法はこちらでもしっかり汚れを落とそうと洗浄力が高い洗剤を使えば、生地にもその分負担をかけるし、肌や環境への影響も心配です。だからといって負担の低い洗剤を使うとシミや汚れが残ってその衣類が着られなくなることもあります。どの洗剤にもメリットとデメリットがあるので、汚し方のパターンや自分がよく着ている素材...

 
 

衣類につく虫は、春から秋にかけての暖かい時期に活動し、暗くて湿度の高い場所を好みます。衣類の中に成虫が紛れ込み、5~8月にかけて産卵し、その幼虫が衣類を食べて穴をあけるのです。虫喰い被害ほ防ぐためには、衣類そのものが虫に好かれないように対策をし、保管場所の環境にも気を配ることが大切です。保管場所となる押し入れやクローゼットはほこりがたまらないように掃除をして湿度が高くならないように心掛けてください...

 
 

衣料品に扱われている繊維には、シワになりやすい、摩擦に弱いなどそれぞれに性質があります。特徴を知って、どんなふうに扱えばいいのか、感覚をつかみましょう。また手持ちの服の素材を改めてチェックし、自分にとって手入れがしやすい素材や、好みの素材が何かを把握しておくと、新しい服を購入するときの目安にもなります。綿○肌触りがよく、通気性、吸湿性が高い。洗濯や熱に強くて丈夫×シワになりやすく、縮みやすい。酸に...

 
 

シミは種類によって落とす方法が異なりますが、家庭でそれをマスターするのは難しいことです。※まずは主な繊維の特徴と扱い方を知っておきましょう。汎用性のある手段を覚えておきましょう。これダメならプロに相談してください。必要なもの・酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)・過程によってスチーム式アイロン処置1酸素系漂白剤を小さじ1程度のせる衣類の目立たない場所に溶かした酸素系漂白剤をぬり、色落ちしないか試しまし...