自分に似合う色

MENU

自分に似合う色

同じ服でも着ている色によってイメージが違ってきます。
また、「自分が好きな色」と「自分に似合う色」は必ずしも同じではありません。

 

似合う色を着て入れば、表情が明るく見え自分の魅力を引き出してくれますが、
似合わない色を着ていれば、表情は暗く見え沈んだ印象になりがちです。

 

まずはパーソナルカラー診断をして自分に似合う色探しをしてみましょう。
パーソナルカラー診断とは肌の色や髪の毛の色、目の色などから自分に似合う色を探す診断です。

 

一般的に4シーズンカラーという4つの色に分類されます。
春・夏・秋・冬という季節の名前が付けられており、その色の特徴は下記のようになっています。

 

ベースに黄色みを感じる色で、明るめの色が多い。
黄色やオレンジ、ベージュピンクなどの鮮やかな色が多い。
キュートでポップな印象で可愛いらしいのが特徴。

 

 

ベースに青みを感じる色で明るめの色が多い。
パステル系の水色やパープル、ライムなどのクールで涼しげなイメージ。
様々なタイプが似合うのはこのタイプ。

 

 

ベースに黄色みを感じる色で比較的暗めの色が多い。
茶色やオレンジ、カーキ色など芸術的な色が多い。
このタイプは豹柄などが似合う人が多い。

 

 

ベースに青みを感じる色が多い。
黄色、緑、青など鮮やかな純色に近い、または白に近い色が似合う。
目が印象的な人が多く、個性的な雰囲気を持っている人が多い。

 

 

シーズンカラーは1つあてはまる人もいれば、複数にまたがる人もいるので、
自分がどのタイプが調べてみて自分に合った色選びをしてみましょう。