ハイセンスに見える色の組み合わせ

MENU

色の組み合わせ

洋服をコーディネートする時に色の組み合わせを考えると思います。
どの色とどの色を組み合わせるかによって自分のセンスもでますし、雰囲気も変わってきます。

 

服を組み合わせる時は「ベースカラー」「アソートカラー」「アクセントカラー」の3つを考えながら組み合わせます。

 

ベースカラーは全体の7割を占める色で見た目の雰囲気を作る色になります。
例)コートやワンピースなど大きい面積を占める服

 

アソートカラーは全体の2~3割を占める色です。
例)ブラウスやベスト、スカートなど

 

アクセントカラーは全体の1割で、ファッションを引き締める色です。
例)ネクタイ、スカーフ、ネックレスなどのアクセサリー

 

基本的にこの3つを組み合わせれば上手にコーディネート出来ます。

 

キレイ色を取り入れたい場合はトップスに採用してみましょう。
例えばトップスが赤などの色でしたら、バッグなどの小物は黒で統一すると全体的にも統一するでしょう。

 

 

トーンを合わせる

明るい・暗い、濃い・薄いというような色の表現を「トーン」といいます。
例えば緑色と赤色の組み合わせでも、同じような暗い色調で合わせればバラバラな感じがすることはありません。
明るい色でまとめたコーディネートの時は同じようなトーンの明るめで統一するといいでしょう。
トーンを揃えないとバラバラに見えてしまうことがあるので注意しましょう。